• 診療Web予約
  • トリミングWeb予約
コンテンツ

CASE4

水や食べ物を吐き、便がゆるくなった。

ご利用のきっかけ

水や食べ物を吐き、便がゆるくなった。

治療・サービス内容

嘔吐や吐出は様々な原因が考えられます。
吐く回数やタイミング、吐物の内容以外にも食事内容やいたずらや拾い食いをすることがあるのか把握することが大事です。状態と場合により、血液検査やレントゲンやエコーを検査を実施します。腸閉塞等を疑う場合はバリウムなどによる造影検査を行うこともあります。異物による嘔吐の場合、緊急で試験開腹などの手術をすることもあります。吐いている限りは、内服での治療が難しいこともあり、入院になることもあります。
また、急性膵炎の場合、亡くなることもありますので早めの診断・治療がポイントになります。
便がゆるくなったり下痢をする場合は、食事内容や下痢の回数や排便の様子で小腸性・大腸性などの絞り込みを行い、糞便の検査を踏まえ、治療や追加の検査を検討し、場合により血液や糞便を院内・院外で検査を行い、レントゲン、エコー検査を実施することもあります。
内服薬での内科療法や食餌療法を行いますが、治療の反応が乏しい場合は麻酔下での試験開腹を行うこともあります。

その他のケース一覧
Web診療予約する