• 診療Web予約
  • トリミングWeb予約
コンテンツ

CASE3

尿の回数が多く、普段より水を飲むようになった。

ご利用のきっかけ

尿の回数が多く、普段より水を飲むようになった。

治療・サービス内容

尿の回数が多い場合、膀胱炎や尿結石などが考えられますが、飲水量によっては内臓やホルモンの異常のこともあります。
血尿や排尿時に痛みを伴う、または、いきむけど尿が少ししか出ない場合は緊急性が高いことが多く早めの診察を必要とします。
飲水量の確認の他に玉ねぎや人体薬などの中毒の可能性を確認し、尿検査の結果や状態によっては血液を院内・院外で検査します。場合によりレントゲンやエコーを実施し、その原因や本人の状態によって内服薬やサプリメントなどの内科療法、食事療法を行います。
臓器の障害の程度や尿道が閉塞していて緊急的に解除を必要とする場合は、入院になることがあります。また膀胱結石や腫瘍によっては手術になることもあります。